本文へスキップ

かけがえのない幼児期を
豊かな環境の市立幼稚園で・・・

なるこ✿日記 H30年度    平成29年度はこちら

4月 野菜の種をまいたよ!

 年長組の子どもたちが、野菜を育てることになりました。クラスで何を育てたいか相談して、いろいろな野菜を育てることにしました。ミニトマト、メロン、ピーマン、モロヘイヤなど、育てたい野菜がいっぱいの子どもたち。
 そこで、いろいろな野菜の種を用意して、自分で触って見ることができるようにしました。
 「これが種?」「小さい」「これは、丸いよ」「トウモロコシなのに赤いの?」「匂いするのかなあ」興味津々の子どもたちは、感触や色や形など比べたり感じたことを言ったりしていました。
 まずは、ポットに土を入れます。
 「ふわふわのおふとんになるように入れよう」「最後に優しくトントンって押さえるといいんだよね」
 「私はおくら」「ぼくは、すいかにする!」「トウモロコシの種はこれだったよね」自分が育てたい野菜の種をそっとポットに植える子どもたち。
 この後「おいしくなあれ」と水やりもしました。
 大きくなるのが楽しみだね!!
4月 色水遊びを楽しんでいます

 しおれた花びらを使って、年中組の子どもたちが色水遊びを楽しんでいます。
 お鍋に花びらを入れて混ぜることや、すりつぶすときれいな色水になることがうれしくて、繰り返し楽しんでいます。
 「見て見て!お水にお花を入れるときれいだよ!」とうれしそうに見せてくれる子どもたち。
4月 「みんなと踊るの楽しいな!」

 年中組の子どもたちは、弁当の前に大好きな先生や友達と、曲に合わせて踊ることを楽しんでいます。
 ヒーローになって動いたり、ポーズを決めたりするのが大好きな子どもたちです。
4月 スナップエンドウを収穫したよ!!

 去年、自分たちで植えたスナップエンドウが、大きくなってきました。
 「先生、来て!大きくなってるよ!」「本当だ!」「もう食べれるかなあ」と年長組の子どもたちが集まってきました。そこで、クラスのみんなで話し合って、収穫することにしました。
「見て!スナップエンドウとれたよ!!」
うれしそうな子どもたち。
 すじ取りも自分たちでしました!
 「ちょっと難しいね」「そっとやればいいんだよ」
 お弁当の時に、収穫したスナップエンドウを食べました!
 「甘くておいしい!」「もっと食べたい!」
 自分たちで収穫したスナップエンドウを食べた子どもたちは、どの子も大満足のでした!!
4月 お外で遊ぶの楽しいよ!」

 初めての幼稚園でドキドキしながらも、先生や周りの職員と一緒に、年少組の子どもたちが元気いっぱい遊んでいます。
 「私、お料理するの」「おいしいごはんができますよ!」
 水を鍋からバケツに移し替えることを楽しむ子、砂や水をかきまぜることを楽しむ子。お料理している気分を味わっています。
 「ばすにのってゆられてる ゴー!ゴー!」先生と一緒にバスに乗ってしゅっぱーつ!!
 お友達と並んで運転するだけで、なんだかうれしくなる年少組の子どもたちです。
4月 公園に散歩に出かけたよ!!
 年長組の子どもたちが、近くの降園に散歩に出かけました。虫めがねと図鑑を持った子どもたちは、何かいいものはないか、と夢中になって探し始めます。
 「先生、見て!ありの巣だよ!」「ここから出てくるに違いない!」と興奮する子どもたち。
「この小さな虫は何だろう」友達と一緒に見て、考えています。
 「この花はなんていう花?」「ちょっと待って!図鑑にのっているかもしれないよ」図鑑にのっている花と見比べながら花の名前を調べます。
 森の中に探検にも行きました。
 森の中は、少し薄暗くて何だかワクワクします。
 「どんどん進んでいくと何があるんだろう?」
 「耳を澄ますと小鳥の鳴き声も聞こえるよ!」
 「落ち葉の上を歩くとカサカサ音がして、気持ちがいいね!」
 いつもとは違う雰囲気の中で、自然に触れ、感じたひとときでした。

information

名古屋市立鳴子幼稚園

〒458-0041
名古屋市緑区鳴子町1丁目54番地
TEL.052-892-2616
FAX.052-892-2617
naruko-k@nagoya-c.ed.jp